胃の病気

2016/04/06

おはようございます西山です。

みなさんは、
なんとなく胃のあたりが、
痛くなったことはありますか?

食べ過ぎたり飲み過ぎたりした時、
胃が痛い、重い、むかつくなど、
様々な症状が出たりします。

でも食べ過ぎ飲み過ぎが
原因ではない胃痛もあります。

今日はそんな胃の病気について調べてきました。

日本人に多い胃の病気

ちょっと怖い話になってしまいますが、
日本人の死因の第一位はがんです。
3人に1人が、がんでなくなっていると言われています。

二位は心疾患、三位は脳血管疾患です。
ちなみに4位は肺炎なのですが、
肺炎も最近増えているらしいですね。
大気汚染なども関係しているのでしょうか?
その話はまた今度。

話戻りますが、
がんの中でかかるのが、
男性に一番多いのは胃がんで、
女性は乳がんです。

ちなみに死因となると、
男性は肺がん、女性は大腸がんです。

胃がんが一番多いって、
日本人っぽいですね。
やっぱり働き過ぎによる、
ストレスが原因の一つでしょうか?

胃が痛いから食べ過ぎかな~
なんて放置していると、
思わぬ大病かもしれません。
気を付けてくださいね!

胃潰瘍

胃潰瘍の主な原因はピロリ菌です。

ピロリ菌は胃の中に好んで住みつき、
胃の壁を傷つける細菌です。

胃の中は強い酸性なので、
「細菌が住めない」と思われていました。

なので1983年に発見されるまで、
長い時間がかかってしまいました。

ピロリ菌に感染することで、
胃の粘液が減っていき、
毒素で胃壁が傷ついたりします。

世界中でこの菌の保持者が発見されており、
特に発展途上国では感染率が高く、
先進国では感染率が低い傾向にあります。

これはピロリ菌が、
食べ物や飲み物から感染しやすいためであり、
上下水道の普及率の低かったり、
衛生状態の悪いところでは菌が繁殖しやすく、
感染者も多いためです。

日本人の50%以上がピロリ菌に感染しており、
中でも50代以降では保持者の割合が70%以上に達します。

ピロリ菌ですが、
保持しているからといって、
必ず胃潰瘍になるわけではなく、
感染した人の5%が程度に留まります。

ですが胃潰瘍の原因であることは確実で、
胃がんの発症の可能性も上がってしまいます。

菌なので除去できれば、
原因がなくなるということなのですが、
現状では完全にはなかなか難しいようです。

抗生物質なども効くものと、
効かないものがあったりするそうです。

しかも日本では、
何か胃の病気にかからないと、
まだ保険がきかないため、
除去費用も莫大になってしまいます。

かかってからじゃ遅いですよね。
その辺ももっと改善してほしいです!

そういう背景もあり、
特保でピロリ菌対策のヨーグルトが出ていたりします。
明治乳業のLG21とかです。

もちろん特保なので薬とは違いますが、
普段からそういうものを摂っていれば、
予防にはなっていくかもしれませんね!
みなさんも気をつけてください。

ではまた☆

stomach-350x350

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。