肉離れ

2016/01/16

皆さんこんにちは!
本日のブログは中田が更新致します。

気がつけばもう、
1月が半分過ぎてしまいました(><)

お正月気分も抜けて
エンジンのかかってきた方も
多いと思いますので

このブログでしっかり健康知識をつけて
快適に過ごしましょう☆

さて、今回は「新年になったし、
新しく何か運動でも始めようかな~」と
考えている皆さんの為に

スポーツでよく耳にする
肉離れ」についてお話しします。

<肉離れとは>

何となくイメージはあると思いますが
説明するのは難しいですよね。

肉離れとは「急に筋肉が縮んだ結果、
筋膜や筋線維の一部が損傷する事」
を言います。

因みに「離れ」という名前ですが
筋肉同士や骨から筋肉が
ちぎれてしまう訳ではありません。
ちぎれるとまた別の名前に変わります(><)

<筋肉痛との違い>

筋肉の一部が傷ついて…と言う点で
いつもブログを見て下さっている方は

「筋肉痛と違うの?」と思ったりも
されるかもしれません。

筋肉痛は運動などをした後
数時間から数日経ってから痛みを
感じることを言います。

筋肉に小さな損傷ができた時に
炎症を起こしたり、その傷を治そうとした時、
また筋肉に疲労物質が溜まった時などになります。

普段使っていない筋肉を使った時に
起こりやすく、全身どこでもなりやすいのも特徴です。

対して、肉離れはその場で痛みを感じます。
スポーツなどで筋肉が強く収縮した際、

筋肉が自分の筋力に耐えられなくなり
一部が損傷してしまうことで起こります。

強い負荷のかかりやすい
太ももやふくらはぎの筋肉に発生しやすいです。

筋肉を急に動かしてしまったり
ウォーミングアップ不足の他、

疲労の蓄積なども肉離れを引き起こしやすい
原因と言われています。

<肉離れになってしまったら>

肉離れだけではありませんが、
怪我をした際はRISE処置を活用すると
後々回復が速かったりします!(^^)

以下、RICE処置についてご紹介します。

<Rest(安静)>

患部を動かすのをやめ、安静にすることを指します。

受傷後にすぐ動かすのは
損傷箇所の回復を遅らせてしまう
原因になるので控えましょう!

<Ice(冷却)>

損傷箇所を冷やして、炎症を鎮静化させます。
氷水で冷やすのがベストです。

コールドスプレーは冷却時間が短く、
損傷が酷い怪我にはお薦めできません。

また、冷やしすぎると今度は血流が悪くなって
回復が遅れたり、凍傷も考えられるので
短い時間で繰り返し行なって下さい。

<Compression(圧迫)>

損傷箇所を適度に圧迫することで、
内出血や腫れを最小限に留めます。

包帯やタオルを巻いたり
テーピングをして損傷箇所を圧迫しますが
やりすぎて痺れなど出ないよう
確認しながら行なって下さい。

<Elevation(拳上)>

受傷した箇所を心臓よりも高い位置に上げて
腫れや内出血を防ぎます。

以上がRICE処置の意味と注意点になります。

暖冬とは言え少し寒さの残る1月は
筋肉が動きにくかったり、
動かした後に疲労が溜まりやすく
なっています。

運動をする方だけではなく、
急いで走ったりする場面でも十分に
肉離れの起こる可能性はありますので

しっかりウォーミングアップをして
体を動かすようにして下さいね!

それでは、本日はこれで失礼致します。

肉離れ

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。