分離症・すべり症

2016/02/16

皆さんこんにちは!
本日のブログは中田が更新を担当致します。

2月も中盤に入りましたね。
緩んできたとは言え、寒さを感じる日も
まだまだあります。
朝晩と日中との温度差で体調を崩されないように
ご注意下さいね!

さて、今回は腰の辛さを抱える方に
見られる事のある「分離症・すべり症」について
調べてまいりました。

知っていて損はないので、ブログを見て
知識としてストックして頂ければと思います!

<分離症って?>

私達の脊柱(=背骨)は背中側で繋がっています。
ただ、がっちりと固定されている訳ではなく

椎間板、靭帯、関節で成り立って
骨格が一つずつ積み重なっているので
動く事が出来ます。

分離症はその関節の繋がりが
離れてしまう為に起こります。

分離症を起こしてしまう人の多くは
子どもの頃に長い間、激しい頻度や
負荷のかかるスポーツをしたり、

重たい物を何度も持っていたりと言う事が
あるようです。
(※生まれつき離れている例も稀にあります。)

こういった事から「長期間」、
1回ではなく「繰り返しの負荷」を
かけた事による「疲労骨折」が
原因と考えられています。

<すべり症とは?>

脊柱が前方または後方へズレを
起こしてしまうのがすべり症です。

前方へズレを起こす事が多いのだそうです。

分離症が起こった為に脊柱のズレが起こり
すべり症を併発する事がしばしばある為、
この2つはセットで聞く事がありますね。

支えている筋肉が弱ってしまったり、
分離症を起こしていたり等

何らかの理由で支えが弱くなると
椎骨のすべりが生じます。

脊椎の分離が原因で起こる「分離すべり症」、
老化による変性で起こる「変性すべり症」の
2つのタイプが主です。

<症状として>

腰痛は言わずと知れた症状ですが、
他にも下肢の痛みやしびれがあったり
することも多いようですね。

お尻の所を通る坐骨神経という
神経が刺激されるので

お尻、太もも、膝の後ろ、
ふくらはぎなど、坐骨神経に沿った部分に
痛みやしびれが起こります。

後は、「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」
という症状として現れる方もいます。

ある程度の距離を歩くと脚が動かなくなり、
座って休んでいると
また歩けるようになる症状です。

椎体の後方には神経の通っている
「脊柱管」があります。

脊椎のズレが大きくなると
その脊柱管の神経を通る部分が狭くなり

下肢を支配している神経が圧迫され
間欠性跛行が起こります。

立っていると脊椎のずれが大きくなって
神経が圧迫されますが、

座ると圧迫が緩むため
また歩けるようになるのです。

厄介ですね。
こういった症状に悩まされないよう、
早い内からの予防が大切です。

事故や加齢による影響は
どうしようもありませんが、

肥満や運動不足、片寄った食生活による
「骨密度や筋力の低下」、

激しい運動・仕事による筋肉への負担、
姿勢の悪さによる「筋肉の疲労」は
自分でも何とか出来る所です。

特に筋肉の疲労については
負担をかけた後のケアがとても大切になります。

それらについて分からない事や
知りたい事がありましたら

お気軽にボディサプライズ
相談して下さいね♪

皆さんに合ったケアを一緒に考えていきましょう!

それでは、本日はこの辺りで失礼致します。

分離症、すべり症

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。