乾布摩擦

2015/12/26

皆さんこんにちは!
本日のブログは中田が更新致します。

あっという間にクリスマスが過ぎ、
ついにお正月の準備が始まりますね。

行事やその容易で慌ただしいのが、
やはり「師走」と言われる所以でしょうか。

お忙しいとは思いますが、
無理して体調を崩されることの無いように
ご注意くださいませ!

さて今回は昔懐かしい響き…かどうかは
分かりませんが、「乾布摩擦」について
調べてきました。

寒い日に上半身をタオルでゴシゴシ擦っている
絵がCM等で見られる事もありますが
最近の乾布摩擦は変わって来ているようです。

<寒風摩擦ではなく、乾布摩擦>

私が小さい頃、漢字は「寒風摩擦」
だと思っていました。
先程も言ったように寒い時にやる
イメージがあったからですね…。

実際は「乾布摩擦」だった訳ですが、
どちらにせよ健康法としては古い印象を
持たれている方が
多いのではないでしょうか?

しかし近年、乾布摩擦が健康に良いと
いうことで再び注目を集めているそうです。

ただし昔の乾布摩擦と違うのは、
洋服を着たまま行うこと。
洋服を着たまま体をこするだけ…
これにはどんな効果があるのでしょうか…?

<乾布摩擦の効果>

乾布摩擦というと、タオルで力強く
肌を直接こすることによって健康効果を得られる
と思われがちです。

しかし、肌に強い刺激を与えると
皮膚を傷つけてしまい、
ひどい場合は皮膚炎になってしまうことも…。

乾布摩擦の効果は、肌を優しく擦ることでも
得ることができます。

服の上からこするだけでもOKですし、
裸で行う場合なら手で直接皮膚を
擦るだけでもよいとのこと。

それによって以下の様な効果が得られます。

1、血行促進

皮膚に刺激を与えることで、
血管が拡張し体が温まります。
手や足などの血液の巡りもよくなるので、
冷え症改善に効果があると言えるでしょう。

2、自律神経の調整

乾布摩擦を行うことで副交感神経が刺激され、
自律神経を整えることができます。

さらに、血行がよくなって体温が上昇するため、
免疫力アップにつながります。

その結果、風邪を引きにくくなる他、
ぜんそくも改善に向かうというデータもあります。

3、新陳代謝の増加

全身の血行がよくなると、新陳代謝が上がり
脂肪が燃えやすい体になります。

また、自身で乾布摩擦を行うことが
軽い運動にもなります。

<やり方や場所で最適なのは?>

薄手のシャツの上から、
柔らかいタオルで擦るようにやります。
ナイロン製や硬めのタオルは避けましょう。

寒い日に外で行うイメージが強いせいか、
寒いところでしか意味がないと思われがちですが
場所はどこでもかまいません。
自分自身が落ち着く場所を選んで行いましょう。

やり方としては、血液を心臓に押し返すような感覚で
手足の先端から始めて
体の中心に向かってゆっくり進めます。

擦る強さはリラックスして
心地よさを感じる程度がいいです。
肌への負担になるので
ゴシゴシと強めに擦るのは避けましょう。

まずは足の先から膝まで、手の先から肘までを擦ります。
次にひざから足の付け根へ、手首から肩へと擦ります。
最後はお腹から胸へ向けて擦ります。
背中へは、タオルを後ろへ回して擦ります。
各部分、それぞれ15回(往復)を目安に行ってみましょう。

乾布摩擦の基本の流れは「先端から中心に」 です。
時間帯としては体も目覚めますから、
日光を浴びながら出来る朝がお薦めです。

昔からある健康法ですが、
今の時代に沿った形へと変わりながら
私達に良い効果をもたらしてくれます。

手で擦るだけでも効果があるので
是非試してみてはいかがでしょう?

それでは今日はこの辺りで失礼致します。

乾布摩擦

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。