マロリーワイス症候群

2015/12/19

皆さんこんにちは!
本日のブログは中田が更新を担当致します!

12月も半ばとなり、忘年会を始めとする
お酒を飲む機会の増える方もいるのではないでしょうか?

楽しいお酒の場は職場の方を労わったり
交流を深めるには良い機会ですね!

さて、今回はそんなお酒の話題になります。

以前に中村講師が飲酒の影響やアルコールの適量を
ブログでお伝えしてくれていましたので

私からは調べていて気になった
マロリーワイス症候群」についてお話しします!

急性アルコール中毒とはまた違ったものに
なりますので幹事さんなど
場をまとめる方は知っていて損はありません。

一緒に詳しく見ていきましょう!

<マロリーワイス症候群とは?>

私は初めて聞いたのですが、
皆さんも聞いたことある方は
少ないのではないでしょうか?

この「マロリーワイス症候群」は、
お酒を飲んだあとに嘔吐(おうと)を繰り返すと、
胃が裂けてしまい、その裂けた傷から出血を起こすというものです。

怖いですね…!(- -;)

マロリーさんとワイスさんと言う方が
最初に報告したのでこのような名前になっています。

楽しいお酒の席、「気分が悪くなっても吐けばスッキリするし大丈夫」
という方もおられますが、そう言う訳ではありません!

嘔吐をする際、私たちのお腹には強い腹圧がかかります。
胃まで落ちた物を上へ押し上げる為に
お腹からぐっと力を入れる訳ですね。

つまり繰り返し嘔吐をする=圧力が何度もかかってしまい、
食道の出口から胃の入り口付近にかけて
粘膜が縦に裂けます。
そして冒頭にお伝えしたように出血を起こします。

出血が起きるといっても通常、痛みはありません。
出血も自然に治ることが多いのですが、

もし出血が止まらない場合などには
内視鏡による止血治療などが必要になります。

また、出血量によってはショック状態に
陥ることもあるので注意が必要です。

ちなみに、このマロリーワイス症候群自体は
飲酒以外で吐く時にも発症する症状です。

前にお話しした、ノロウイルスを始めとする各種食中毒
妊娠のつわり、摂食障害による嘔吐でも同じ事が言えます。

ただ、飲酒時には特に発生しやすいといわれており、
その原因はアルコールになります。

<どうして飲酒すると起きやすいの?>

アルコールを摂取すると、食道と胃のつなぎ目にある
下部食道括約筋」という筋肉が緩みます。

これが緩むと言う事は、より強い力で
嘔吐物を押し上げる必要が出てくるのです。

なので吐く際にいつも以上に圧力がかかってしまうんです…!
そして更に裂けやすい状態へ…。凄い悪循環ですね。

だから、飲酒時に吐き続けると危険なのです。

マロリーワイス症候群の症状と、どうして起こるのか。
以上でお分かり頂けたでしょうか?

実際、飲みの席で嘔吐と吐血している方は
少ないかとは思いますが

病院で吐血したと搬送されてくる方の5%
このマロリーワイス症候群というデータも確かにあるのです。

楽しく飲んでいたのに急に吐血なんて事があったら
お互いに青ざめてしまいますよね…!

そうならない為にも、お酒は適量を守って
快適な飲みの時間を過ごして下さいね!

それでは、本日はこの辺りで失礼致します☆

マロリーワイス症候群

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。