バナナの食べ頃?

2015/10/27

皆さんこんにちは!
本日のブログは中田が更新を担当致します!

今回はバナナについて調べました!
スーパーで安売りの時に買ったりするのですが
本当にまさに食べ頃!という状態のものが
売り出されていますね。
私は房が青い、
少し硬めの時のが好きですが…(^^)

バナナは腹持ちがよく栄養価も高いことから、
栄養補給に非常に役立つ果物です。
病院の食事指導で、時間がなくて朝食を抜きがちの人にも
勧められたりする事があるくらいです。

食物繊維にビタミン、ミネラルなどが非常に豊富なため、
美容効果や健康増進を目指す方にも非常にお薦めです。

そんなバナナ、実はその成長過程
(青いもの、黄色いもの、熟しきって黒い点が出てきたもの)で
効果が違うことはご存知だったでしょうか? 

今回はそれぞれのバナナが持つ
栄養と効果についてご紹介します。

<青いバナナ>

まだ青い状態のバナナには
レジスタントスターチという消化されにくい
「でんぷん質」が多く含まれています。

これは食物繊維と似たような作用があるので
便秘解消に効果ありです!

元々バナナには、
フラクトオリゴ糖
という成分が含まれ、
腸内環境を整える働きもありますが、
青い状態のバナナならさらに効果的です。

また、レジスタントスターチには
血糖値を上昇を緩やかにする作用もあり、
糖分が脂肪分に変わるのを防ぐ働きがあります。

青バナナは黄バナナや黒バナナと比べると固めで
噛みごたえがあるため満腹感が得られやすいので
ダイエット中の方にも適しています。

<黄バナナ>
黄色く熟したバナナは栄養価が一番高く、
ビタミンミネラルが多いことで知られています。

ブドウ糖や果糖のバランスが非常によく、
即効性と持久性のエネルギー源にもなるため、
激しい運動後や虚弱体質の方の
栄養補給に向いています。

また、疲労回復のビタミンである
ビタミンB1、B2、B6も含まれており、

少量でも豊富な栄養分が補えるため、
食欲がない方にもお薦めです。

疲労を回復したい方は是非(^^)

<黒バナナ>

完全に熟した黒い斑点(シュガースポットと言われます)が
沢山ある状態のものには、
「リン脂質」という成分が多く含まれ、
免疫力を高める作用があります。

体内に入ったリン脂質は胃の粘膜に吸着し、
酸からの攻撃から守る働きもあるため
胃潰瘍を予防する効果も期待できます。

ストレスや胃に負担のかかりやすい
食生活をしている方は、

黒くなった完熟バナナを
意識して食べるようにすると良いですよ!

どうでしたか?

バナナが状態によって私達の体に色々な効果を
もたらしてくれることが分かりましたね!

他の食物もそういうものはあると思うのですが、
バナナは特に見た目の変化がはっきりしているので
検査をする機械などがなくても
自分に合った食べどきが分かりやすいですね(^^)

今回、私と一緒バナナに詳しくなった皆さんは
ただ食べるのではなく、
自分の状態に合ったバナナを
探してみてはいかがでしょう♪

それでは今日はこの辺りで失礼致します。

バナナ

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。