セロトニン

2016/03/01

皆さんこんにちは!
本日は中田がブログの更新を担当します(^^)

いよいよ3月のスタートです!

新年度になるのは4月ですが
その前の月と言うことで
体も心も良い調子を保てるよう
気を配っていきましょう☆

さて、4月は環境の変わる方も
多いと思います。

今回は慣れない環境へのストレスに対抗する為に
役立つホルモンについてご紹介致します!

初回はセロトニンについてお話を致します。

<セロトニンとは?>

睡眠についてお話しした時に
少し名前を出した事がありますね。

夜になると体内のセロトニンは
メラトニンに変わります。

メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれていて、
寝つきを良くしたり、
眠りを深くしたりする作用があります。

現在では結構、耳にする機会も
多いのではないでしょうか?

また、セロトニンは精神的な安定を保ってくれる
ホルモンでもあります。
セロトニンがしっかり分泌されていれば、
大きな精神的ストレスにさらされたとしても、

不安や怒りといった感情を
ほどよく抑えられるようになります。

行動を起こす際の衝動にブレーキをかけて
制御をして安定させてくれるのです。

後は、意欲にも関わってきます!

なので、セロトニンが不足し続けると
やる気や興味といった
ポジティブな感情を持ちにくくなります。

それが更に続くと抑うつ状態に
なりやすいと言われています。

不足する原因としては
①日光不足、②栄養不足、③運動不足、
④消費が激しいなどですね。

それぞれ、
①日光を浴びないとセロトニンが生成されないため、
②セロトニンを生成するときの原料不足になるため
③運動不足だと、セロトニン伝達に関わる
神経が衰えるため、という理由があります。

④はそもそもストレスに曝され過ぎて、
感情の起伏が激しい人などに見られるケースの様です。
制御が追い付かないくらいのレベルと言う事ですね…(><)

<セロトニンのある場所>

人の体内では、セロトニンの90%近くが
小腸などの消化管に存在しています。
残りの8%は血液中、
そして2%は脳内に分布しています。

消化管にある分は勿論、 消化管の運動を
調節するのが役割ですね。

血液にあるセロトニンは血管を収縮させる、
止血を促すように働きます。

脳内の2%は割合としては
とても少ないように思えます。

しかし、神経伝達物質としての役割は
先にも言ったように「気分・感情」のコントロールに欠かせない
とても重要なものです。

思えば、よく寝られていない時に
イライラしやすいのは
セロトニン不足で感情の安定化が
出来にくいからかもしれないですね。

なので、ストレスかかってるな~と思う時は
睡眠について見直してみましょう!

気分がリセットされて
スッキリするかも知れませんよ(^^)

それでは、本日はこの辺りで失礼致します!

セロトニン

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。