にんにくパワー

2016/04/21

こんにちは。
本日は、中村が担当していきますね。

今週末は、あまり天気が良くないみたいですね。
季節の変わり目なので
体調管理には、気を付けて下さいね!

さて、先日オーナーにもつ鍋屋さんに
連れて行って頂きました。

もつも美味しかったんですけど
そこのスープがにんにくが効いてて
すっごい美味しかったです!!

そこで、本日はにんにくについて
お話ししていきますね!

◆にんにくの効能の歴史

にんにくは、ユリ科ネギ属の多年草で
球根を香辛料としても用いります。
5月頃に白い小さな花を咲かせますが
栽培時には鱗茎を太らせるために
花芽は摘み取ります。
摘み取った茎は、柔らかい物であれば
野菜としても利用されるそうです。

一般的に見かけるにんにくは
分球ニンニクがほとんどですが
一片種と呼ばれる中国の
プチにんにくなどの品種もあります。

にんにくの効能や効果は
実に六千年前より知られていて
エジプトをはじめギリシャ、ローマ、
インド、中国などの
古代文明でにんにくが食用・薬用として
重宝されていたことが分かっています。
日本でも「古事記」に登場しているそうです。

この時代には成分を分析する技術などないので、
体感的ににんにくが体に良いということを
実感していたんですね。

にんにくと言えば「元気が出る食べ物」と
いったことがすぐに思い浮かぶと思いますが、
にんにくの効能や効果はそれだけではありません!!

にんにくの効能や効果は非常に幅広くて
そのため様々な民間療法にも利用されています。

◆効能・効果の素となる成分

にんにくの効能・効果の殆どは
アリインという成分によるものです。
アリイン自体には、
あまり効能はありませんが、
にんにくを切ったり、すりおろしたりすると
アリインはアリシンという有効成分に変化します。
このアリシンがにんにくの主成分であり
効能・効果の中心になります。

このアリシンは不安定な物質なので
空気や熱、その他の物質の影響によって更に変化します。
その殆どはジアリルジスルフィドや
アホエンといったイオウ化合物で、
その数は数十種類に及ぶといわれます。

このアリシンの変化がニンニクの調理方法によって
効能・効果の度合いが変わると言われる由縁です。
これらのイオウ化合物にも
それぞれ薬効があって、
にんにくの多様な効能・効果を
生み出しているといえます。

にんにくは、奥が深いですね〜。
本日は、ここまでで
また、来週も引き続きにんにくについて
お話ししていきますね。

では、失礼致します。

20160418053630

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。