風邪予防②

2015/12/17

こんにちわ!!
本日は中村が更新していきますね!

12月も中旬になり、世間は師走の字の通り忙しくしていますが
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

さて本日も、先週に引き続き
風邪予防②』のお話をしていきます。

日頃の生活で風邪ウィルスを完全に遮断する事は、難しいですが
感染しにくい体を作る事はできますよね。
そこで、感染しにくい体づくりについてご紹介致しますね!!

●温度・湿度のコントロール

空気が乾燥すると、鼻やのどの粘膜が乾燥して体の防御機能が低下して、
ウイルスに感染しやすくなります。

夏場の冷房や冬の寒さで体が冷えると、
血液循環が悪くなって水流を起こしたり、
老廃物を排出する働きのある繊毛運動が弱くなり、
ウイルスが侵入しやすくなります。
特に、今の時期は乾燥注意報を呼びかける程、空気が乾いているので
室内の温度や湿度を適度に保って、
感染しにくい環境を整えましょう。

●十分な栄養と適度な運動

偏食を避けて、バランスよく栄養をとることが大切です。

風邪の予防効果を高めるためには、
ビタミンCと体のエネルギー産生に必要なビタミンB1群の豚肉、うなぎ、たらこ、ナッツ類や
鼻やのどの粘膜を強化する働きのあるビタミンB2の豚レバー、鶏レバー、牛レバー、牛乳や
B6のにんにく、まぐろ、かつお、レバー、鶏ひき肉を多く摂ることがポイントになります!

アミノ酸の豊富な動物性タンパク質である
卵、牛乳、牛肉、豚肉、マグロ、サーモン、
いわし、鯵を食事に取り入れるのも効果的ですね!

タンパク質は体内に入ったら消化によって分解されて、
アミノ酸になることで初めて栄養素としての働きをしますが
アミノ酸スコア」の数値が100に近ければ近いほど
アミノ酸に分解されやすい良質なタンパク質とされています。

中でも、上記にあげている食品が
アミノ酸に分解されやすい良質な動物性タンパク質になります。

アミノ酸スコアが高いものを食べると、脳内にある満腹中枢が正常に働いて、
食べすぎを防いでくれる効果もありますよ!!

ウォーキングや水泳、ヨガなどの適度な運動で風邪に負けない体力をつけて、
免疫力を高めることも大切です。

●薄着の習慣をつくる

寒かったら、寒い程着込んでしまいがちですが
厚着の習慣は体温調節の能力を低下させて、
抵抗力を弱めてしまいます。
なるべく薄着にして気温の変化に、
皮膚や粘膜が順応できるよう鍛えましょう。
寒い時期に極端な薄着をするのではなくて、
温度差の大きい屋外と室内の気温に合わせて、
こまめに衣服の脱ぎ着をすることを心がけましょう。

電車に乗ると、外との温度差で上着を脱がれる方がいますよね?
私は、面倒くさがりなので暑くても着たままでしたが
これで体温調節の能力を低下させていたんですね。
今後は、こまめに調節していきます!

今の季節は、調節するのが難しいですが
みなさまも気をつけて下さいね!

さて、2週に渡って紹介してきましたが
参考になったでしょうか?
これを機に、風邪に負けない体づくりをしていきましょう☆

では、本日はこの辺りで失礼致します。

20151215104631

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。