産後のケア

2018/01/11

産後の骨盤状態

こんにちは。中村です。
先日、友達に赤ちゃんが生まれました。
写真で見せてもらったら
本当に小さくて
可愛くて仕方ないですね。

ただ、母親はこれからが大変ですよね!
育児もですが、産後は骨盤が開いています。
直後にしっかりとケアをしないと
大変ですよね。
そこで本日は、産後のケアについて
お話していきます。

出産時、リラキシンと呼ばれる
ホルモンが分泌されて
ママの骨盤が開くことによって
赤ちゃんが産道を
通れるようになります。
開いた骨盤は産後に、
自然と元に戻ろうとしますが、
ママが無理をしたり
姿勢が悪いまま過ごしたりすると、
戻る力が弱まることもあるんだそうです。。

その結果、骨盤のバランスが
崩れたまま固定されてしまい、
体のあらゆる面で不調が出る
可能性があります。
骨盤周りに余分なお肉がついて
下半身が太いままになったり、
腰痛や肩こりも骨盤の
ゆがみが原因で起こったりする
場合があります。

その他にも冷えや体のむくみ、
便秘、尿漏れなどの症状も
出やすくなるでしょう。
産後のトラブルを
少しでも改善するために、
骨盤ベルトを活用するよう
指導する医師もいるんだとか。

骨盤が歪む原因

そもそも産後に骨盤が歪む原因は、
出産によって骨盤が
大きく開くことです。
歪んだ骨盤は、産後数ヶ月かけて
ゆっくりと元の状態に戻ります。
骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、
妊娠や出産を通して
左右のバランスが崩れていると
正常な位置に戻りづらくなると
いわれています。

また、横座りや椅子での足組み、
猫背、あぐらは体を歪める姿勢なので、
産後2?3ヶ月頃までに
これらの姿勢をとっていると
骨盤がさらに歪んでしまいます。

産後に骨盤が元に戻らないとどうなるの?

骨盤が妊娠前の位置に
戻らない状態が続くと、
体のラインが崩れて、
筋肉の動きが変わることがあります。
また、産後は筋力も
低下していることが多いので、
脂肪の燃焼がうまくいかないこともあります。
骨盤が開いたままで、
妊娠前の服が入らなくなってしまった
という声がよく聞かれるのはこのためです。

他にも肩こり、腰痛、むくみ、
冷え性や不妊などの婦人科系トラブルにも
つながってしまいます。

産後の骨盤矯正とは?

そこで大事になるのが、産後の骨盤矯正です。
出産を通して緩んだ骨盤を
正しい場所に矯正することを
骨盤矯正と呼びますが、
出産を機会にダイエットや体型の
改善を目指して、
産後リフォームと呼ぶこともあります。
方法としては、整体、体操、
リフォームインナーやガードル、
ニッパーなどの利用など、様々ですね。

さて、続きは次週お話していきますね!
では、本日はこの辺で失礼致します。

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。