涼しく過ごす☆彡

2017/07/04

こんにちは。
中村です。

昨日は、暑かったですね〜。
今日から雨模様ですので
お出かけの時は、
傘を忘れないようにしましょう!

梅雨が明けると夏がやってきますね。
家で過ごす時に
暑すぎると嫌になってきますよね。。

いかに、部屋を涼しくするのか。
か、課題になってきますよね!
本日は、涼しく過ごす方法を
ご紹介していきます。

●帰宅したら、窓を開ける

帰宅したら窓を開けて
部屋に風を通して空気を入れ替えましょう。
窓はできれば対角線上にある
二か所を開けると、風が通りやすくなります。窓が1箇所しかない場合は、
玄関のドアを少しの間開けて置くか
換気扇を回すなど工夫しましょう。
防犯が心配な場合は、
ドアチェーンをつないだまま少しあけて
ドアストッパーを挟んでおくだけでも
空気は流れますよ。

●扇風機で熱気を外へ逃がす

部屋の中に熱気がこもっている場合は
窓辺に扇風機を置いて
部屋の熱気を外へ逃がしましょう。
この時、
扇風機の置き方にポイントがあります。
扇風機の前面を外側に向けて
扇風機の背面を室内に向けます。
扇風機は背後の空気を取り込んで
前方へと流すので、
扇風機の正面を外に向けて置くことで
部屋の中の熱気を外に向けて流してくれます。

●ベランダ、壁、室外機に打ち水

ベランダや外壁も
熱を受けて熱くなっています。
打ち水をすると気化熱で温度が下がるうえ、
濡れた地面の上を通る空気も
冷やされますのでおすすめです。
ベランダの床、そして可能であれば
ベランダの窓の周囲の壁や
エアコンの室外機の周りにも
打ち水をしてみて下さい。
水は、前日のお風呂の残り湯など
再利用水を利用しましょう。

打ち水は
気温が下がっていく夕方が効果的です。
一つ注意していただきたいのは、
打ち水をした水がきちんと
排水溝から排水管へ
流れるしくみになっているかのチェックです。集合住宅に住んでいる場合、
ベランダにまいた水が隣や
階下に迷惑をかけていないかも考慮しましょう。

●湿度を下げる

部屋の湿度が高くなると
私たちは「熱い」「不快だ」と感じます。
湿度を下げることで
温度自体がそれほど変わらなくても、
「快適」と感じることができますので、
エアコンのドライや
除湿器を使って室内の湿度を下げましょう。

また、その後も他の場所で発生した湿気が
室内に流れ込まないように注意しましょう。
お風呂の窓を開け、換気扇も付けて
お風呂場の湿度が
リビングに入らないようにする、
調理中は換気扇を回して
調理中発生する蒸気を外に逃がす
などといった工夫をしましょう。

●ミントのアロマオイル

良い香りを楽しめるアロマグッズが
一般的になってきました。
リラックスできたり、
気持ちが爽やかになるアロマなど
効果は様々です。
例えば、ペパーミントの香りを嗅ぐことで 4℃も体感温度が下がるという
実験結果も出ているそうです。
ミントのオイルをしみこませたリボンを
扇風機の全面のカバーに結べば、
扇風機の風と共に室内に
爽やかな香りが広がります。
またミントの入った
ルームスプレーを使うのも効果がありますよ。

●緑のカーテン

見た目にも涼しくて実際に日差しを遮り
室内を涼しくする効果がある
「緑のカーテン」を作ってみませんか。
熱の多くは窓から入ってくるため、
何かで直射日光を遮ると
室内の温度が上昇しにくくなります。
カーテンやすだれを使う家庭も
あるかと思いますが、
生きている植物を使った
緑のカーテンのほうが
部屋の温度が上がりにくく
冷房効率も上がるという実験結果があります。

緑のカーテンはゴーヤやキュウリ、
アサガオなどツル性の植物であれば作れます。おすすめは、
葉が大きくてびっしりと茂るヘチマですね。
成長が早く初心者向きです。

●遮熱カーテンやサンシェード

遮熱カーテンやサンシェードを
取り付けるのも一つの方法です。
UVカット効果や熱をカットする効果が
あるものが売られていますので
目隠しや雨よけにもなります。
クギが打てないベランダにも
取り付けられるものが出ているそうですよ。

以上の事を参考にしてみて下さいね!

では。この辺りで失礼致します。

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。