コラーゲン②

2016/01/28

こんにちは!
本日は、中村が担当していきますね!

先週の事ですが、雪が降ってましたね〜〜。
初雪だったので、見入ってしまいました。
寒いのは、嫌ですが雪はいいですよね☆
まだまだ寒いので、
皆さまも温かくしてお過ごし下さいね〜^o^

さて本日も、先週に引き続き
コラーゲンのお話をしていきますね。

ヒトは、タンパク質を食べて体内で消化吸収したのち、
吸収した「アミノ酸」を使って、
体の中で再びタンパク質の合成をおこないます。
どのタンパク質をどれくらい合成するか決めているのはDNA情報なので、
人為的に操作することはできないと考えられています。
「肌や関節のためにコラーゲン食品を食べる」ことは、
「コラーゲンの材料であるアミノ酸を食べた」ことにはなりますが、
アミノ酸が再び体内でコラーゲンに再合成されるのかどうか。
また、再合成に利用される場合であっても、
「顔の皮膚」「膝の関節」等という「特定の部位」で
再合成が行われるかどうかは、
定かではないのが現状になります。

それと同時に古くなったコラーゲンは
分解されていきます。
分解から新しく合成のサイクルは
加齢とともに働かなくなり
合成されるコラーゲンの量が少なくなります。
このコラーゲンの減少が加齢とともに
体全体のハリがなくなり
形が崩れてくる原因になります。

●コラーゲンを含む食品

ちなみに、コラーゲンを含む食品としては、
肉類(特に、皮・軟骨・骨・筋。鶏皮、鶏軟骨、スジ肉)
魚類(特に、皮・骨。サケ、うなぎ)
ゼラチン、ゼリーがあります。

●コラーゲン配合化粧品

肌は一番上に角質層という層があり
外界の刺激から体を守り、
異物を体内に侵入させないようにブロックしています。

角質層の下には真皮と言われる層があります。
この層は皮膚の弾力を保つ働きがあり、
コラーゲンとエラスチンと言われる物質で構成されています。
体内にあるコラーゲンの約40%が皮膚に存在して、
真皮の70%はコラーゲンから作られています。

真皮にはエラスチンと言われるスプリング状の物質があり、
肌の張りを保つ役割をしています。
肌を押しても元の形の戻ってくるのは
エラスチンの効果です。
コラーゲンはエラスチンなどの組織を支えるように分布して、
肌全体のハリを保つ働きがあります。

加齢とともに真皮中のコラーゲンが減ってしまうと
その部分の形が保てなくなり
陥没したようになってしまいます。
これが加齢とともに出来てくる深いシワの原因です。
深いシワは1度出来てしまうと
元に戻すことは困難です。
従って、深いシワができてしまう前に、
美容ケアやコラーゲンをしっかりと摂って、
真皮内がコラーゲン不足になるのを防ぎましょう。

最近では、コラーゲンを配合した化粧品が数多く販売されていますね。
コラーゲンは保湿効果が高いタンパク質です。
こういったコラーゲン配合の化粧品を使うのも良いですね。

●ビタミンCと一緒に摂ると効果的…?

コラーゲンの合成に必要なビタミンCを一緒に摂ると効果的だといわれています。
これは、体内でコラーゲンが安定して維持されるためです。
紫外線によるコラーゲンの損傷の予防にも役立ちそうですね!!

2週に渡って、コラーゲンについて
お話をしてきました。

今まで知らなかった事や初めて聞いた事は、ありましたでしょうか?
ぜひ、
参考にして頂ければと思います!

では、本日はこの辺りで失礼致します。

20160121072305

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。