アルコールと健康③

2015/11/26

こんにちは!!
本日は、中村が担当致します。

前回に引き続き、『アルコールと健康』についてお話しますね★

●お酒の利点・・・

昔から、お酒を適度に飲むことは健康に良いとされています。
その効果としては、食欲が増進する・ストレスを和らげる・
人間関係をスムーズにするなどが挙げられます。
ただし、これらはあくまで適量を守った場合であることに注意しましょう。

イギリスの学者マーモットは研究の結果、
「お酒を飲み過ぎたり、まったく飲まないよりも、
適度に飲むことで死亡率は低くなる」ことを発表しました。
アルコールが血液中の善玉コレステロールを増やして、
高血圧、虚血性心疾患、脳卒中などを引き起こす
動脈硬化を防ぐ効果があるからだといわれています。

アルコールが体内に入ると、大脳皮質の抑制が解放されます。
大脳皮質は大脳の表面の層で、
思考や知覚、運動、記憶などといった機能をつかさどる、
人間の行動・思考における重要な役割を持っています。
飲み会などでお酒が進んで、今日は、腹を割って話ができた!!
という経験を持つ人は多いのではないでしょうか?
お酒によって抑制が取れるので、
緊張がほぐれて、普段よりも陽気な性格になったり、
会話が弾むようになったりするそうです!!
上司となかなか仲良くなれないな~と悩んでいるならば
一度、食事に誘ってお酒を酌み交わすのもいいかもしれませんね★

●ストレスを和らげる・・・

お酒を飲むことは、ストレスの緩和にもつながります。
お酒を飲めば沈んだ気持ちも晴れる
ということが昔からいわれていますが
もちろん、お酒ですべてのストレスが解消されることではありません。
大事な事は、適量を守って飲むことです。

●代謝の量は、年とともに減る・・・

日本では65歳以上の高齢者が約4人に1人という時代になりました。
高齢者が増えて、お酒と長く楽しく付き合えるのはとても良いことですが、
高齢化になるにつれて、アルコール依存症者の高齢化がみられるそうです。
一般に高齢になるほど、若い世代より
血中アルコール濃度が上昇しやすくなって酔いやすくなります。
お酒に弱くなるわけなので、若いときと同じように飲むのではなくて、
飲酒量を減らすように心がけましょう!!

また、他にも心配事があります。

若いときに比べると、酔いやすくなっているのですが、
本人は気付かずに、知らず知らずの内に
酔ってしまっていることがあるそうです。
そこから、転倒事故に繋がるケースが増えているようですので
飲み過ぎには、気を付けましょう!!!

今回、アルコールと健康について①~③までお話してきましたが
参考になりましたでしょうか。
私は、普段からお酒をあまり飲まないですが、
大事な事は適量を飲酒する!!という事なので
これからも守っていきたいと思います。

では、本日はこの辺りで失礼致します。

20151125124331

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。