アルコールと健康②

2015/11/19

こんにちは!!本日は、中村が担当致します。

先週に引き続き『アルコールと健康』についてお話致しますね。

アルコールが好きな方は、
毎日飲むなんて人も多いかと思いますが
休肝日』と言う言葉は聞いた事ありますでしょうか。
私は、確かCMで初めて見て、
面白い言い方とするな~と感心しました。
さて、休刊日が大切だと世間では良く言われていますが
それは、なぜなのでしょうか。

●なぜ休肝日が必要なのでしょうか・・・

私達がお酒を飲むと、2単位のお酒(ビールなら中びん2本、
日本酒なら2合、焼酎なら1.2合)を肝臓で分解するのに、
平均して6~7時間前後かかると言われています。
私達が就寝している間も肝臓は黙々と働いています。
このように、肝臓を毎日酷使するともちろん障害がでてきます。
なので、肝臓の為に週に2日は休肝日を作ってあげましょう。

お酒を飲むと、肝臓には中性脂肪が蓄積されて、
胃や腸といった消化管の粘膜も荒れてきます。
これら臓器の修復のためにも、
週に2日程度の休肝日を作ることが必要になってきます。

但し、気をつけて頂きたいのが、
週5日続けて飲酒して2日連続で休むのではなくて、
2~3日飲んで1日休む、という習慣をつけていきましょう!!

また、休肝日を作ることはアルコール依存症を防ぐことにもつながります!
日々の積み重ねで飲まずにはいられなくなった結果、
アルコール依存症になってしまう危険性があります。
自己確認をする為にも、重要な事なので毎日飲む方は気をつけましょう。

●アルコールを摂りすぎるとビタミンB1が不足する・・・

アルコールを摂取すると体内での分解に
ビタミンB1が消費されます。
たくさん飲めばそれだけビタミンB1も多く消費されてしまいます。
また、エネルギー産生に必要なビタミンB1が不足すると
疲労を感じるようになってきます。
平成20年の飲酒習慣がある人の割合は男性35.9%、
女性6.4%で、5年前の男性37.4%、女性6.6%と比較して若干減少しています。
ところが、男性の60代、女性の50代、60代では増加していて、
これは、以前の飲酒習慣がそのまま継続されていることが推測されます。
皆さまは、以前と同じようにお酒を飲んでも、疲れやすさなど
加齢とともに変化を感じませんか?
感じる方は、もしかしたらビタミンB1不足かもしれません。

また、年齢とともにビタミンB1の吸収量や保持力は低下していきます。
普段からビタミンB1をきちんと補うことを心がけましょう。

ちなみに、ビタミンB1が豊富な食べ物には
豚肉、レバー、豆類などがあります。
中でも特に、豚肉にはビタミンB1が豊富にありますので
アルコールを摂り過ぎる方は豚肉を使って料理をしてみて下さいね!!

さて、アルコールと健康の因果関係は奥が深いですね~。
次回も引き続き『アルコールと健康』についてお話致しますね。
では、本日はこの辺りで失礼致します。

20151117125012

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。