チームを良くするノウハウ③

2017/10/26

こんにちは!
本日は三津田が担当致します!

今日は昨日よりは気温が上がる様ですね
晩は冷え込みますので上着などしっかり着込んで
お身体を温かくしておいてくださいね!

 

さて、今日は前回の続きで、これで終わりになります

ナレッジマネジメントを仕事に導入するには?

このノウハウですが、看護の現場だけでなく、
もちろん、あなたのビジネスにも取り入れていただけます

その際に注意すべきポイントは、
「形式知」をいかに効率的に共有するか?ということです

何度もお話した通り、「暗黙知」は効率的な共有ができず、
実務を介したOJTでしかまかなうことができません
ですが、「形式知」に関しては、共有する資料の見せ方や、
共有ツールを工夫することで効率化が可能です

 

そこでオススメしたいのが、情報共有ツールを使うことです

たとえば、IT関係のツールを使うのであれば、LINEでグループをつくったり、
Facebookでグループメッセージをつくれば、
そこに画像や文章を上げていけるので、ノウハウが簡単に共有できます

ただ、「LINEは普段友達と使っているし、業務で使うのはなんとなく気が引ける・・・」
なんて方も多いと思います

そこで、共有ツールを一つご紹介します
それは「チャットワーク」というツールです

チャットでやりとりをするツールですが、
エクセルやパワーポイントのファイルもアップできて、
iPhoneからも確認できるので、とても便利です

実はボディサプライズでも使っていますので
是非取り入れてみてくださいね!

 

「オーガナイザー」で小物を整理する!

あなたは「オーガナイザー」という言葉を知っていますか?
オーガナイザーというのは、小物を整理するためのポケットのようなものです

看護師はオーガナイザーに医療用具を入れておき、
不測の事態にも備えるようにしているそうです
たとえば、こんなアイテムが入っています

●筆記用具

3色ボールペン・油性マジック(赤・黒)
はさみ
スタンプ印
鍵(資材庫などの鍵です)
メモ帳
黄色のカラーテープ(ネームテープ代り)
スケール

 

このオーガナイザー、ビジネスマン向けの商品では
「バッグインバッグ」という商品名で売られていたりもしますが、
仕事道具の多いビジネスマンの方にぜひオススメしたいアイテムです

オーガナイザーを使えば、仕事道具がすぐに取り出せるようになるので、
商談先での評価もアップします

アイテムを整理する最大のメリットは何かご存じですか?

一番のメリットは「忘れ物に気付くようになる!」ということです!

オーガナイザーを使って、アイテムを収納する際、各アイテムごとに収納位置を決めておけば、
一目で「あっ!あれが入ってない!」って気付けるようになりますよね

 

●ビジネスマンの方のオーガナイザー活用例

出張先で忘れ物に気付いてあたふたしないためにも、
ぜひ、オーガナイザーの使用を考えてみてくださいね。

ちなみに、ビジネスマンの方だったら、
以下のようなアイテムを入れていただくと良いかもしれません

●ビジネスマンの方がオーガナイザーに入れておくと良さそうなもの

鍵一式(会社、自宅、車、自転車)
ハンディーレコーダー
イヤフォン
ペン
メモ帳
名刺入れ
身だしなみグッズ(靴用クリーム・エチケットブラシなど)
エチケットグッズ(ウェットティッシュ・ティッシュ・整髪料)
各種ケーブル(USBケーブルや、予備電源ケーブルなど)
携帯・スマホ・ポケットwi-fi

 

初回に少し書きましたが、お仕事の多くはチームワークで進むもの

だから、誰かの業務効率が改善すると、チームに良い影響が生まれるケースが多いです

今回ご紹介したノウハウの中でも、特にオススメしたいのは、KM(ナレッジマネジメント)

「情報共有」という作業は、ほかの人を巻き込んでおこなうものなので、
ここがうまくいくと、仕事がスピーディーに進むようになります

ぜひ、あなたのチームならではの情報共有のスタイルを確立してみてくださいね!

 

ではでは、今日はこの辺で失礼致します

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。