2015/05/10

a10

こんにちは!

石塚です。

ゴールデンウィークはいかがでしたか?
リフレッシュできた人
出かけて疲れてしまった人

様々だと思います。

最長16連休も取れたとか・・・
そんなに休んだら仕事忘れちゃうかもですね(笑)

休み明けの仕事の量がとんでもない事になってるような(´Д`;)

さて今日は

についてです。

過去にもちょこちょこブログに載せてますので
内容どうしましょう??

過去とかぶってたらごめんなさい!

先ず人間の骨は

206本

あります。
多いですね・・・
でも赤ちゃんの時は約

350本

ぐらいの骨も数になります。
更に!?

成長とともに分離していた骨がくっついてあったていったりして
最終的に206本になります。

骨の

特性

としては
強くて丈夫であり軽くて変化成長するのが条件です。
でないと体重を支えながら飛んだり跳ねたり
歩いたり走ったりができません。

構造としては中は

蜂の巣状の空洞

になっていて
外壁は端っこより

中央が厚く

なってます。
日々成長してるんです。

毎日古い骨から新しい骨へと新陳代謝が起こっております。

骨芽細胞

によって骨を作成し

破骨細胞

によって骨を壊していく。

このサイクルを繰り返していい状態をキープしています。
一つの骨がつくり変わるのに大体3~4ヶ月かかります。
全身の骨は約3年ぐらいで新しいものに入れ替わります。

みなさん知ってました?

さて新しい骨を作るため
丈夫な骨を保つには
どうすればいいのでしょうか?

骨の成分はご存知カルシウムですので
やはりカルシウムの摂取をするのが大事です。

成人で1日

600mg

必要とされています。

カルシウムが豊富な食品って想像すると・・・
やはり牛乳ですかね
あと魚ですね。
他には大豆や海藻などかな。

どのぐらい入っているかというと
牛乳100gあたり約110mg
大豆100gあたり約240mg
わかめ100gあたり約130mg

大豆が多いですよね。

でも大体約50mgぐらい不足していると言われてます。
無理なく摂取しないと続けられないので気をつけましょうね。

そして吸収して骨にして行くためには
運動が必要です。

骨にはセンサーがあって
どの程度骨を強くしたらいいかを敏感に感じ取っています。
デスクワークの人や寝たきりの人は身体を支える程度の良いと考える為
カルシウムを貯めようとしなくなります。

全身の体重がかかる踵骨がもっとも敏感に働くと言われてます。

なので歩くという行為がとても大切なのです。

3000歩より4000歩

4000歩より5000歩と

しっかり歩きましょう!

あとは日光にもあたる必要がありますが

これは通常の生活では問題ないですね。

気にしすぎていまうと逆にストレスになってしまいますので程々に・・・

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。