貧血と鉄分・・・そして健康♪

2015/11/02

貧血

こんにちは!

石塚です。

先日のハロウィンはどうでしたか?
土曜日でしたのでサロンに出勤して仮装しながら施術をしましたよ~

普段と違うスタッフを見れてお客様も喜んでくれてましたのでなによりです(笑)

お客様あっての整体師ですからね。
どんだけ凄い技術をもっていたとしても相手がいなければです。

最近は減ったと思いますが
たまに技術だけを考えて相手の事を考えてない人が施術して
身体を傷めてしまって施術を受けるのがちょっと苦手・・・

なんてちょっと悲しい気持ちになってしまうこともしばしば(´Д`;)

もちろん技術も大切ですけど
相手の気持ちにちいうか
ただ単に無理な施術はやめましょうね!

とここで話が変わりまして
今日の小ネタは?

貧血と鉄分についてです。

よく貧血な方に言われるのが鉄分不足のせい。
なんて耳にしますよね。

まあもちろん間違ってはないのですが。。。
実際のところ貧血というのはどういうことなのでしょうか?

ざっくりですと血漿が薄くなった状態だそうです。
血が薄い・・・ほんとざっくりだ(笑)

医学的にはヘモグロビン濃度・赤血球の数赤血球容積率が減少して
基準値未満の状態だそうです。

ヘモグロビンは酸素を全身に運ぶ働きがあります。
不足すると血流量を増やしたり、呼吸量を増やすことで代償します。
その時に動悸息切れなどが起こったりします。

それでも追いつかなった場合、身体の組織が低酸素状態になってしまいます。
そして倦怠感などの症状がでたり蒼白になったりとします。

貧血として一般的なのは鉄欠乏性貧血でしょう。
但し重度にならないと症状があらわれにくいそうです。

通常は食事で鉄分を摂取するのですが
鉄分の少ない食事によって体内に貯蓄してある鉄分が使われ
空っぽになってしまいます。
不足分を鉄剤やサプリなどで補うのですが
貯蔵分を確保するためにもしっかり貯蔵できるまで摂取するのが好ましいです。

といっても貧血に悩まされるのは女性が圧倒的に多いです。
男性の貧血もたまにはあるでしょうがめまい立ちくらみが
時々起こる程度ではないでしょうか。

女性は月経だったり妊娠中だったり
はたまた子供のときだったり大量の血液を作る必要がある場合
不足して貧血になってしまう場合があります。

常にヘモグロビンの数を気にするのも難しいですね。
ちょっとしたサインとして爪が反り返ってしまったり
あとは足がつってしまう事が多い場合なども
貧血の可能性があります。

そんな時はサプリを摂るのもいいのですが
逆に過剰摂取にならないようにしましょう!

やはり必要なのは適度な運動が大事です。

いくつになっても健康な身体がいいですよね。
もちろん我々の仕事は健康な身体で生活するためのお手伝いです。

そんな人が増えてくれるといいなと思う今日この頃です。
よかったら整体師を目指して見てくださいね。

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。