血管・血液

2015/06/13

ダウンロード

こんにちは!

石塚です。

まだまだ人体の不思議なことだったり

間違った知識だったり

新たに分かったことなどをお知らせしていきますね♪

さて今回のお話しは・・・

血管・血液

にします!

人の体の中を縦横無尽に駆け巡っている管が血管。

その中を通っているのが血液です。

栄養分や酸素を運搬し

二酸化炭素や老廃物と交換して運びます。

生きていく中で必要不可欠なものですね。

恒常性により一定の範囲内で成分や分量などが保たれています。

体液を流通させる仕組みとして血管があります。

傷等がない限り外に出ることはありません。

血管の外には組織液があり

血液の一部の成分が出入りしています。

血管は全身に張り巡らされているので

全部を繋げるとかなり長くなります。

どのぐらいかというと・・・

距離にして約10万キロ!!

地球を2週半するぐらいの長さです!!!

長いですよね(´Д`;)

ただ全てが同じというわけではありません。

動脈と静脈の種類があります。

動脈は心臓から送り出された血液が通ります。

心臓からの強い圧がかかるので血管の壁が非常に厚くなってます。

酸素や栄養を運ぶのがこの血管です。

動脈が傷ついたら出血量が非常に多くなってしまい失血死の

リスクが高まっていまうので体の内側を通っています。

そして静脈は心臓へ戻る血液が通ります。

静脈はそこまで圧がかからないので壁は薄くできてます。

それに血液が逆流しないように防止弁がついています。

皆さんは血の色というと赤をイメージしますよね。

それは勿論間違いではありません。

ただ赤い血は動脈を流れている血液ですね。

酸素を多く含んでいるので鮮やかな赤色をしています。

時代劇などで切られて血しぶきが!

あれは動脈を切断してるんですね~

いや~、毎回動脈をスパっと切るなんて

達人ですね(笑)

変わって静脈の血液の色はというと

ちょっとどす黒い色になっています。

静脈の血液は酸素を失っているので

赤色ではなく黒っぽくなってるんですね。

身体に見える血管のラインは青っぽく見えますが

これは静脈です。

私の血管は見やすいらしいので

注射や点滴の失敗は一度もありません(笑)

知り合いの看護師さんにいい血管してるから練習したい(笑)

なんて言われたりしたこともありました(´Д`;)

まだまだ色々とありますが

長々となってしまうので

続きはまたの機会にしますね~♪

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。