痺れ

2015/10/18

img_0

こんにちは!

石塚です。

秋も深まりそろそろ紅葉の季節ですね~
皆さんもどこかに見に行かれますか?

さて今回は

痺れ

についてです。

様々な原因があって一概には言えませんが
お客様の中にも痺れの症状を訴える方もいらっしゃいます。

単純に考えてみると
やはり神経線維に問題が起こっているのでしょう。

例えば椎間板ヘルニアとか
背骨の間にある軟骨を椎間板といいます。

軟骨というぐらいなので軟らかいです。
それが何らかによって圧力がかかり
外壁が破れ中身が飛び出して神経を圧迫してしまい
痛みや痺れの症状が出てしまいます。

重症の場合は手術をしなくてはいけません。
そこまででない場合は
筋肉をつけなさいとお医者さんに言われます・・・

筋肉で腰を支えて椎間板かかる負荷を減らす。
ですがすぐに筋肉がつくわけでもないですしね。

直接腰を触って腰の筋肉を緩めすぎると
逆に痛みが増したりしますので注意が必要です。
そんな時は関連筋の臀部を緩めてあげましょう。

腰から骨盤にかけて繋がっている筋肉が多いですし
腰と一緒に動かされるケースが多いので
臀部を弛めると腰も弛んでいきますよ。

最近では胸郭出口症候群なんてのもあります。
首から肩にかけての辺りを胸郭出口と言います。
そこを神経や血管が通っていくのですが
そこが何らかの理由によって狭くなって神経や血管を圧迫して
痛みや痺れの症状が出てしまいます。

そこまでひどい症状じゃなくても
普通の肩こりの症状の人でもそう診断される場合もあります。
実際、症状からみると肩こりとさほど変わらないんですよね・・・
きちんと検査しなくては分からないでしょうし
それでも見落としてしまって肩こりと診断されてしまうかもしれません。

正座の痺れ
うーん・・・これは今までとはちょっと違うか(笑)

実はニューラクラプシー現象と名前がついています。
通常といいますか、正座をして痺れてもすぐに回復しますよね。

単純に正座をした事により神経や結果の圧迫が原因で
足が痺れてしまいます。
ですが痺れが取れるのに時間がかかってしまう場合があります。

神経の中にある髄鞘と言われるものがあります。
それが崩壊してしまった状態です。
中心の軸索の神経は問題ないので
数日から数週間で回復します。

でもほとんどの人ははすぐに治りますよね~

正座の痺れだからと言って軽んじると
大変なことになるかもなので注意して下さい。

まだまだ痺れの種類も沢山ありますので
また今度お話しいたしますね~

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。