五大栄養素2

2015/08/25

min1
こんにちは!

石塚です。

前回ビタミンの話しで終わってしまいました(´Д`;)
もっと色々お話ししたいことがあるのですが
長すぎなので別の機会にビタミンのお話しをしますね。
結構大事だったりします。

なのでちょっとご自分でお調べになってもためになりますよ♪

さて今日はもうひとつの栄養素として

ミネラル

です。

言葉自体は聞いたこともあるでしょう。
でも詳細は・・・ですよね。
なのでこの際しっかり学びましょう!

一般的な有機物に含まれる4元素以外の必須元素
4元素とは炭素・水素・窒素・酸素のことです。

日本では13元素を健康増進法に基づき食事摂取基準の対象として
厚生労働省より定められています。

亜鉛

魚介類・肉類・穀類・種実類

カリウム

果物・野菜・芋・豆類・干物

カルシウム

牛乳・乳製品・小魚・海藻類・大豆製品・緑黄色野菜

クロム

魚介類・肉類・卵・チーズ・穀類・海藻類

セレン

魚介類・肉類・卵

海藻類・貝類・レバー・緑黄色野菜

レバー・魚介類・種実類・小魚・豆類

ナトリウム

食塩・しょうゆ

マグネシウム

豆類・種実類・海藻類・魚介類

モリブデン

豆類・穀類・レバー

ヨウ素

海藻類・魚介類

リン

魚介類・牛乳・乳製品・豆類・肉類

聞いたことあるものや聞いたことないものあるかもですね。
多く含んでいる食品も書いたので参考にしてくださいね。

必要量や種類は性別や年齢などにもよって違いがありますが
人の体内でつくることができないので
食事から摂取する必要があります。

不足すると欠乏症として
摂りすぎると過剰症として
様々な症状が出てしまいます。

ダイエットをしてビタミン・ミネラル欠乏症などに
なってしまう若い女性も多くみられますので注意が必要です。

例えばお米やお肉を控えることによってビタミンEが不足されると
細胞が酸化してしまい老化現象が進んでしまったり・・・
豚肉やウナギに含まれるビタミンB1が不足すると
糖質の分解ができなくなってしまい
結果疲れやすくなったりむくんだり・・・(´Д`;)
肌荒れや皮膚炎など・・・
思わぬ落とし穴になりますので注意です!

栄養バランスの悪い食事や偏食など
現代ではビタミンやミネラルが欠乏しやすくなっています。
できればきちんと食事で摂取していきたいのですが
なかなかできない方はサプリとして摂取するのも
ひとつの方法ですね。

でもサプリはあくまでも栄養補助食品ですので
それだけで生きてはいけませんのであしからず・・・

栄養素の事ももうちょっと深く掘り下げてみると
より体にとって必要なのか
どう取れば良いのかが理解できると思います。

そうなってくるとテレビや雑誌などに出ている言葉だけを
鵜呑みにしなくなっていきますよ。

そして正しい知識を基にお客様へのアドバイスをして
いい結果になれば信頼されてまた来店してくれるようになります!

そんな施術家が一人でも多くなればいいのにと思う今日この頃です。

まだまだ掘り下げたいのですが
一気に掘り下げると大変なので
それはまたの機会にしますね♪

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。