三大栄養素

2015/08/18

02_image04

こんにちは!

石塚です。

いよいよ8月も後半になってきました。
お盆も終わり子供の頃は夏休みの宿題の追い込みで大変だった記憶が・・・(笑)

この時期に海でクラゲに刺されたてたのが懐かしいです。
ここ数年そんな海に行ってないのでクラゲ事情はどうなんですかね~

さて先日栄養素について簡単にお話ししました。
その中で身体に取って必要なものとして三大栄養素の話をしました。

今日はそれをもう少し掘り下げてみますね。

三大栄養素

・糖質

炭水化物とも言います。
糖質もいくつかの種類があるのは前回の通りです。

単糖のブドウ糖は脳や神経のエネルギーとしてとても重要です。
糖質は消化が良いので吸収されたすいため即効性があります。

糖質が不足している場合
いわゆるエネルギー不足となってしまっているので
全身に疲労感を感じたりします。
脳のエネルギーが欠乏状態になってしまうことにより意識を失うなんてことも・・・

糖質が過剰な場合
エネルギーとして消費されなかった糖質は体内に脂肪として貯蔵されます。
つまり・・・太りやすい!
特に果糖やショ糖などは脂肪に変わりやすいので摂り過ぎには注意が必要です。
比べるとブドウ糖やでんぷんなどの方が太りにくいといわれています。

適度に摂らないといけません。

食品としては・・・
コメやパンなどの穀類、果物、牛乳、豆、芋など

ただし
お菓子や清涼飲料水、特にスナック菓子や菓子パンなどには
多く含まれていますので控えましょう!

・蛋白質

身体を作る為に必要な栄養素です。
人間の身体は毎日新しいものに作り変わっています。
いわゆる新陳代謝です。
蛋白質は身体の中で分解されアミノ酸になります。
内臓や筋肉などの主成分ですし
ホルモンや酵素などにも欠かせないものです。

また体内で作れないアミノ酸もあります。
必須アミノ酸といわれています。
これについては別の機会に話しますね~

蛋白質が不足してしまうと
新しい身体を作ることが出来なくなってしまうわけです!

摂り過ぎの場合はやっぱり体重増加だったり
腎臓に負荷が掛かってしまったりそのせいで脱水症状がでたりします。
またガンや糖尿病の危険性が高まる可能性があるともいわれています。

蛋白質といえば・・・
魚、脂身の少ない肉、卵、乳製品、豆類など

脂身の多い肉、ハムやベーコンなどの加工肉は多めなので控えましょう

・脂質

肥満の原因と目の敵にされていますね(´Д`;)
脂質は必要な栄養素ですからね!
もちろん脂分の摂り過ぎんは十分注意をしなくてはいけません。
動物性だったり植物性だったりありますが
両方適度に摂取するのが好ましいです。
不飽和脂肪酸とかトランス脂肪酸だとか最近耳にしたことがありませんか?
色々と研究が進んでいますが曖昧なことも多々ありますので
なんでも鵜呑みにはしないでくださいね。

脂肪の多い肉、乳製品、ナッツなどに多いです。
ちなみに脂質が高いとカロリーも高くなりますよ。

ちなみに摂らないと血管などが弱くなったりします。
もちろん摂り過ぎは肥満、動脈硬化などの成人病などに・・・(´Д`;)

ダイエットでカロリーばかり気にしてしまい
蛋白質が豊富な肉や乳製品を控えてしまう傾向にあります。
くれぐれも言っておきますが
これらを摂取しなくては身体が維持できなくなってしまいます。
生きていく上で必要なものですので適度に
なバランス良く摂取するのが大事です!

まだ色々あったのですが長くなりました・・・

また別の機会にお話ししますね

無料体験学習随時開催中!

ボディサプライズスクールってどんなところ?無料体験学習でぜひ感じてください。

無料体験学習随時開催中!

「どんな雰囲気なの?」 「先生に直接質問してみたい」 「どんな仲間がいるの?」 などなど、不安や疑問は直接その目で確かめるのが一番! お気軽に無料体験に参加してみてください。 資格取得やコース、取得後の就職紹介など、 様々な情報を担当講師がお伝えします。 あなたの参加をお待ちしております!

無料体験学習に申し込む

無料体験学習説明会の流れ

step1.アンケートの記入

興味のあるコースやきっかけなどまたご希望などをお知らせください。

step2.カウンセリング

目指したいコースや働き方また癒し業界についてもお答えします。

step3.施術体験

興味のある技術、身に付けたい技術を体験。 効果なども聞きながら体感しよう!

step4.コース説明

カリキュラムや制度、金額や通い方など気になることは何でもご質問ください。